S&G,something else.

ゆるめのガジェット、ソシャゲ記事+α

「あいりすミスティリア!R」序盤の進め方(の一例)。

f:id:grandorder0328:20180926180459j:plain

前回に引き続きあいミスRの記事となります。

 

あいミスRについてはR18版がメイン?なこともあり攻略情報を記載したウェブサイトやWiki等が一般的なソシャゲより見つけづらいです。

 

そのせいなのかどうか分かりませんが、このブログでもあいミス関連の記事はよくアクセスをいただいています。
本当にありがとうございます。

 

今回は、9/20をもって正式リリースとなったあいミスRについて、私なりの序盤の進め方について思ったことを書いていこうと思います。

 

 

属性別のパーティーが組めるようにする

結論から言うと、あいミスRは属性ゲーです。

 

各クエストには、攻略の際に必要な「推奨Rank」が記載されていますが、有利属性でパーティーを組むことができれば、各クエストの推奨Rankを10~20下回っていてもクリアすることが出来ます。

 

f:id:grandorder0328:20180926175831j:plain

公式の属性見づらくない?

 

そのため、SSR(このゲームの最高レア)カードで属性を考慮せずパーティーを組むよりも、SR(このゲーム2番目のレア)カードで属性を合わせて組んだほうが攻略が容易です。

 

なので、まずは各属性ごとのパーティーを作ることを目標にしてゲームを進めていくことをおすすめします。

 

目標としては、各属性ごとのパーティーを組む際、SR以上のカードが3枚ずつ配置できることが出来ると良いです。

 

ちなみに、私のパーティーはこんな感じです。

 

f:id:grandorder0328:20180926174450j:plain

 

パーティー1にどんな属性の敵が来ても対応可能な編成、2~6までに各属性ごとの編成を行っております(「理」のキャラ少ない…

 

 

フレアライトはガチャより育成に

ガチャを回す際に必要になるフレアライトですが、ある程度戦力が整ってきたら、ガチャに使うよりもAPの回復に使うほうが良いです。

 

あいミスRはクエストを攻略することで経験値を得ることができますが、クエスト攻略でもらえる経験値は多くなく、クエスト攻略を繰り返してレベルを上げるとなると、時間がかかり効率も良くありません。

 

そのため、おすすめなのは「学園」の周回です。

 

f:id:grandorder0328:20180926175201j:plain

※使用APは12が基本。

 

学園ではレベルアップに必要な経験値珠と各種アイテム、親愛度がGETできます。

 

f:id:grandorder0328:20180926175242j:plain

f:id:grandorder0328:20180926174719j:plain

 

経験値珠を使ってのレベルアップはクエスト攻略でのレベルアップと比べ効率が段違いに良いため、レベルアップ優先なら学園周回を徹底することをオススメします。

 

なお、学園周回時には上記に記載した「AP」が必要になりますが、APは「AP回復薬」か「フレアライト×100」で回復することが出来ます(回復値は共に12)。

 

f:id:grandorder0328:20180926180131j:plain

 

既にお気に入りの聖装がいて、その聖装を絶対引きたい!という方はガチャに全力投球で問題ありませんが、お気に入りの聖装を既に引き当てた方・聖装より攻略を優先されたい方はフレアライトをAP回復メインで使ってみてください。

 

 

スキル・萌具・アビリティの強化は後回しでOK

ストーリー攻略を優先するのであればスキルや萌具、アビリティの強化は忘れていいです。

聖装のレベルをしっかり上げられればストーリーやクエストの強化はそれほど困難ではないため、まずはレベルアップを優先した方が良いです。

 

私はストーリー攻略の際、各キャラのスキル・萌具・アビリティには関心を払わず、属性と聖装のレベルのみの強化で押し切ることが出来ました。

 

スキル・萌具・アビリティの強化については、聖装のレベルアップが一通り終わった段階から考え始める、くらいで大丈夫です。

 

 

最後に

あいミスRは一般的なソシャゲと比べキャラクターの育成がしやすく、また属性の選択を間違わなければストーリーで躓くこともあまりないため、ストーリー攻略をメインにするのであればプレイ自体はそれほど困難ではありません。

 

なので、この記事を見て少しでも興味を持った方がいらっしゃれば是非プレイしてみてください。